クレジットカード
387枚
donocaのQRコード

ドノカwatch

あなたのクレジットカードに海外旅行保険ついてますか? 2018/06/15

夏休みに海外旅行を計画している人も多いのではないだろうかか。海外で心配なのが、急な病気や事故などで治療を受ける場合だ。日本では通常3割の自己負担で治療を受けられるが、海外では原則、全額自己負担である。帰国後に「海外療養費」を申請すれば、日本で同じ治療を受けた場合の7割が給付金として健康保険から受け取れるが、治療費が日本よりも高額になるケースでは、給付金では不十分である。そこで旅行前に、自分のクレジットカードは海外旅行保険付帯かどうか、付帯であればどのように適用されるのか、契約内容を確認しておくのはいかがだろうか。”付帯”にも種類があるのでまた取り上げてみたい。

銀座ルノアールでクレジットカード・電子マネー決済開始 2018/06/13

銀座ルノアールとジェーシービー、トヨタファイナンス、三井住友カードは、銀座ルノアールの店舗において、6/13より順次、クレジットカードによる決済と、電子マネー決済サービスの取り扱いを拡大すると発表した。これまで銀座ルノアールの店舗では、電子マネー「楽天Edy」を利用可能だったが、今回、さらに便利に利用してもらうため、クレジットカードおよび電子マネーを導入したという。利用できるクレジットカードブランドは、Mastercard・JCB・アメリカン・エキスプレス・ダイナース・ディスカバーの5種類で、VISAは含まれていないので注意が必要だ。

全国タクシー、Google Pay決済で最大1,500円プレゼントキャンペーン 2018/06/12

全国タクシーを展開するJapanTaxiは、6月4日~7月31日までの間、全国タクシーアプリにてGoogle Pay決済すると、総額1,500円をプレゼントするキャンペーンを開始した。全国タクシーは、2011年にサービスを開始したタクシー配車アプリで、スマホからタクシーを呼ぶことが可能だ。これまでの決済方法、クレジットカードとApple Payに加えて、新たにGoogle Payが導入されるのを記念し、Google Pay決済で乗車すると1乗車500円がプレゼント(3回まで対象)され、最大1,500円分がプレゼントされる。タクシー移動の際に、Google Payで全国タクシーアプリを利用してみるのはいかがだろうか。

練馬区がクレジットカード導入で寄付窓口拡大 2018/06/11

練馬区が6月から、寄付金の受付窓口を拡大した。これまで寄付は銀行窓口で受け付けていたが、クレジットカード決済を導入することで、寄付者の手続きの手間を省くという。寄付金は「一般寄付」と「指定寄付」の2種だが、「指定寄付」を選択すれば「児童福祉」「障害者福祉」「高齢者福祉」「災害対策」など使途を指定することが可能だ。ふるさと納税のような返礼品はないが、使い道を指定できる取り組みなので、納得して寄付しようとする人を集める効果につながるかもしれない。

ルミネカードで「ルミネtheよしもと」の割引優待 2018/06/08

お笑いで知られる「よしもと」だが、東京・新宿の「ルミネtheよしもと」で観劇する場合、ルミネカードで公演チケットを購入すると、割引優待を受けられる。「週末特別公演・祝日特別公演」のチケットであれば、通常前売り4,200円・当日4,700円のところ、どちらも3,700円になる。また「夜公演」のチケットなら、通常前売り2,700円・当日3,200円のところ、2,400円となる。(クレジットカードの会員本人+同伴者の計2名まで利用可能) 年に2-3回は「ルミネtheよしもと」でライブを観るお笑いファンなら、年会費分が割引でペイできるので、ルミネカードの入会を検討してみるのはいかがだろうか。

女性向けカード「BLUE ROSE CARD」発行 2018/06/07

青山グループは、6月1日より、新たに女性向けカード「BLUE ROSE CARD(ブルーローズカード)」を発行した。「BLUE ROSE CARD」は、「洋服の青山」でレディス商品(2,900円以上)が5%OFF、合計額からさらに5%OFFで買い物ができるクレジットカードだ。グループ店舗の「THE SUIT COMPANY」や「UNIVERSAL LANGUAGE」でも同様の割引が適用されるという。また、靴修理の「MISTER MINT」ではヒールの修理が常時10%OFFされる特典もある。2019年2月28日までに入会し、1万円以上買い物すると、先着3万名に3,000円分のギフト券がプレゼントされるキャンペーンも実施中だ。普段から青山グループで衣料品を購入する機会が多い人であれば、入会を検討してみるのはいかがだろうか。

クレジットカードの使い方をアニメで学習 2018/06/06

白鴎大学と日本クレジット協会は、クレジットカードの使い方に関する高校生向けのアニメ動画を制作した。本編は33分で、クレジットの仕組みや利用方法などの解説、利用上の注意点などを扱う13分間のケーススタディー動画もあるという。希望する高校などにはDVDを無償で配布し、クレジット機能の正しい理解と普及促進につなげることがねらいだ。社会に出る前にクレジットカードについて正しい知識を持つことが、使いすぎの失敗や、不正利用の被害を防ぐ有効な予防策といえるかもしれない。

イオンの「キャッシュアウトサービス」高齢者から好評 2018/06/05

イオンは、4月から43店舗の一部レジにて、デビットカードによる決済と、レジにて少額の現金(上限3万円で千円単位)を引き出すことができる「キャッシュアウトサービス」を開始している。高齢化が進む郊外地域からの「身近な場所にATMが少ない」「現金を使う分だけおろしたい」といった声に応えての実施だという。ATM操作に不慣れな高齢者からは「店員と対面で出金ができる」とのことで、安心感が好評となっているようだ。現金を持ち歩かなくても、レジで使う分だけ現金を安心しておろせる「キャッシュアウトサービス」は、今後も様々な地域で広がりをみせるかもしれない。

マイナンバーカードにポイントを集約して商品券と交換 2018/06/04

埼玉県川口市は6/1から、マイナンバーカードを利用して、クレジットカードや航空会社マイレージなどの各種ポイントを市内の店舗で使える商品券に交換できる取り組みを開始した。各種ポイントからマイナンバーカードに集約した「自治体ポイント」は、500ポイント=500円分の商品券と交換可能で、商品券は市内304店舗で使用できるという。同市は、マイナンバー普及拡大と地域経済の活性化を促すことが目的という。川口市民の方であれば、地域の活性化に貢献する一手段として、マイナンバーカード登録と自治体ポイントの活用を検討してみてはいかがだろうか。

富士山5合目にキャッシュレス端末 2018/06/01

山梨県は、8月から富士山の入山料(保全協力金として任意で1人1000円)の協力率を高めるため、クレジットカードや電子マネーで支払えるキャッシュレス決済の端末を、富士山5合目に試験的に設置すると発表した。同県は、海外でキャッシュレス決済が進んでいる現状を踏まえて、日本円を多く持たない外国人登山者の増加にも対応したい考えだ。世界遺産としても注目されているので、環境保全や安全対策への理解が広まるきっかけとなればと思う。この夏、富士山登山を計画しているなら、クレジットカードや電子マネーでもいいので、環境保全に協力するしてみるのはいかがだろうか。

499件中 1-10件を表示